早期の虫歯治療のすすめ

当院では「極力歯を削らない、歯を抜かない、神経を抜かない」を基本方針に診療を行なっています。

「特に痛みがないからとりあえずはこのまま様子を見て…」「痛くなってから考えればいかな…」と歯科受診を先送りにするお気持ちはよくわかるのですが、ご存知でしょうか。

治療の開始が早ければ早いほど、簡単に治療を終えられたり、歯を削る量が少なくて済んだり、神経を抜かずに保存できたり、歯を抜かずに残せたりする可能性が高まるのです。

このように、早期に治療を開始することが出来れば、身体的にも時間的にも経済的にも一番負担なく治療を終えることが可能にもなりますので、お口の中に違和感や異常を感じたら、なるべくお早めに歯科医院を受診されることをおすすめします。

当院の一般歯科治療の特徴

なるべく痛みを抑えた治療

なるべく痛みを抑えた治療

歯科治療や麻酔の痛みが苦手でなかなか受診の決心がつかないという方もいらっしゃることでしょう。当院では、なるべく痛みを抑えた麻酔を行います。

なお、当院においては、麻酔をするか否かに関しては患者様の意思やご希望も大切に判断する方針です。どうぞご遠慮なくご希望をお聞かせください。

⇒詳しくは なるべく痛みを抑えた治 をご覧ください

当院での治療法

レジン充填

コンポジットレジン

奥歯や前歯の小さい範囲の虫歯に関しては、虫歯の部分を削り取った後に接着処置を施してから、歯の色をしたコンポジットレジンという歯科用プラスチック材料を詰めて固め、噛み合わせの高さや周囲の歯質との境目などを滑らかに調整にて、その日のうちに治療は終了です。

大体のケースで健康保険が適用となります。

なお、小さな虫歯に関してはレジン充填で治せるケースがほとんどなのですが、歯と歯の間に出来た大きな虫歯、噛み合わせの力が強くかかる場所や奥歯の奥の方の虫歯、とにかく大きな虫歯の治療には適切でない場合があります。

金属やセラミック等の詰めもの(インレー)

セラミックインレーイメージ

奥歯の噛み合わせる部位の虫歯を取りきって形を整えた穴が中等度の大きさのもの、奥歯の歯と歯の間に出来た虫歯を取り切った部分の治療では、インレーという詰めもので修復します。

保険治療では銀色の金属の詰めもの一択になりますが、当院ではその他にもゴールド系の金属やセラミック素材など、さまざまなインレー素材を取り扱っています。

⇒詳しくは 奥歯の詰めもの(インレー) をご覧ください

根管治療(歯の神経の治療・深い虫歯)

根管治療イメージ

虫歯の発見が遅れて虫歯が歯の神経まで到達していた場合、または根っこの中に膿が出来てしまっている場合などでは、根管治療と呼ばれる根っこの中を綺麗に掃除していく治療を行います。

根管治療では、ダメになってしまった神経は取り去り綺麗にします。また、根っこの中に入り込んだ菌は可能な限り掃除をします。

根っこの中を完璧に綺麗にするまでには何度かの通院が必要なのですが、その一回一回、できるだけ綺麗にした状態の根っこの先端に、根っこを綺麗にするお薬を少量置いておくことで更に綺麗になることを期待、次回の治療につなげます。

根っこの中が完璧に綺麗になったら、もともと神経があった、治療により綺麗に空洞になっている部分に神経にかわる詰めものをすることで根っこの治療が終了します。

土台(コア)と金属やセラミックなどの被せもの(クラウン)

セラミッククラウンイメージ

根っこの治療である根幹治療が終わった後や、根幹治療は完了している状態ながら歯の頭の部分が無いようなケースでは、コアと呼ばれる歯の土台を植立します。

コアの形を整えてクラウンと呼ばれる被せものを被せて噛み合わせやきつさの調整をしたら、歯科用の接着剤やセメントなどでコアとクラウンを接着、治療は完了です。

クラウンの素材にはさまざまな種類があります。

⇒詳しくは 前歯・奥歯の被せもの(クラウン) をご覧ください

知覚過敏(歯がしみる)

歯がしみる

歯がしみる、冷たい水でうがいが出来ない等の症状がある方はどうぞご相談ください。

冷たい物や熱い物を食べたときに神経反応が出てしまう知覚過敏(ちかくかびん)かもしれません。

知覚過敏のある場合には、必要に応じて症状がある歯の表面に歯がしみなくなるお薬を塗布し、症状を軽減します。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい072-825-0111[ 診療時間 ] 10:00-13:00 / 14:30-19:00(土18時まで)
[ 休診日 ] 日曜・祝日

〒572-0855 寝屋川市寝屋南2-1-10

診療時間

土曜午後は18時まで